スラグ分級システム

スラグ分級システム

鉄鋼スラグとは鉄鋼の生産工程において生成される副産物のことであり、大きく分けて、高炉スラグ製鋼スラグがあります。

副産物として生成された鉄鋼スラグは、路盤用骨材あるいはアスファルト混合用骨材としてリサイクル/再利用されます。

弊社では、①地金回収効率up②骨材のリサイクル/再利用率upにおけるスラグ分級システムの提案に取組んでおります。特に製鋼スラグにおける地金の湿式回収に取組んでおります。

高炉スラグとは… 銑鉄(せんてつ)製造過程で高炉から発生される副産物
製鋼スラグとは… 鋼の製造過程で生成される副産物

銑鉄(せんてつ)
溶鉱炉からつくられたままの鉄で、もろく、展延性(ひろがり、のびる性質)に乏しいが、融点が低く溶けやすい。溶けたものは流動性が大きく、鉱物をつくる原料となる。

スラグ分級システムの一例

1. 高炉スラグ / 骨材洗浄分別

地金の回収により原材料効率を高め、骨材のリサイクル/再利用率を向上させるシステムである。

2. 製鋼スラグ / 地金湿式回収

従来の乾式タイプではなく湿式タイプの地金回収で、より地金回収効率を 向上させるシステムである。